年の瀬に

(2010-12-25)

 今日の夕方は亀有駅での定例宣伝。駅へ向かう車の中で、電話が鳴りました。近所の公園にホームレスがいる。公園で寝泊まりしているが、今晩は今冬一番の冷え込みになるというので心配、何とかならないかという相談を受けた党員からでした。
 宣伝終了後、その党員と一緒に訪ねてみました。50代の男性で事情があって10月に家を出た。ネットカフェなども泊まり歩いたが、お金も無くなってこの公園に寝泊まりしている。年明けの6日からは仕事が見つかり寮にも入れるとのことでした。もともとすぐ近くに住んでいて、息子とは連絡も取っているから大丈夫とのことでしたので、名刺を渡し26日の相談会の案内もして、何かあったら連絡をして下さいと言って別れました。
 その後に悲しい思いをしました。
 公園の外で一緒に行った党員と、大変な世の中だねというような話をしているときに、公園の目の前の団地の自治会の防犯パトロールの方たちが通りかかりました。
 公園にホームレスの方がいて、心配した近所の方から連絡を受け、様子を見に来たことを伝えると、その中の一人が「私たちも迷惑している、小学校も近いのであなたたちからも出ていくように言ってくれ」耳を疑いました。まさに排除の理論で、悲しくなりました。
 おそらく子供が不審者に襲われるような事件が相次いでることを心配しての発言とも言えますが、ホームレスの方が人を襲ったなんて話は聞いたことはありません。一緒にいた党員は「ホームレスの人たちの方が、襲撃される事件の方が多発しているじゃないか」と思わず漏らしていました。
 このような立場の人を見下し、排除してもいいというような大人がいるから、子供たちにも影響を及ぼし、何をしてもかまわないというような考えを持ってしまうのではないでしょうか。
 私も今年、多くの方から生活相談を受けてきました。ほとんどの方が自分がこのような状況に落ちいることなど、考えてもいなかった。ホームレス寸前の方は、去年の年末派遣村はテレビで見ていた、まさか自分がそのようになるとはと言っていました。
 今の世の中、誰もが生活が立ち行かない状況に陥る可能性があります。他人の痛みを自分のこととして感じられる心を持っていたいと改めて思いました。
 
 
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール

はたの昭彦

Author:はたの昭彦
足立区議会議員 会派日本共産党 区議団幹事長 建設委員会委員 交通網・都市基盤整備調査特別委員会副委員長 足立区国保運営協議会委員 足立生涯学習公社評議員 地下鉄8号線促進議員連盟副会長
足立区生まれ、54歳。足立区大谷田5丁目在住
活動地域 足立区大谷田、谷中、佐野、辰沼、神明、神明南、加平、北加平、東和、中川、東綾瀬、綾瀬6.7丁目
家族 妻+猫5匹(まる、ニコ、そら、ルカ、とら)

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR