明日が足立区議会議員選挙の告示日

(2015-05-09)

先日推薦をして頂いている元日弁連の宇都宮健児さんから激励を受けました。

明日から足立区議会議員選挙が始まります。
今度の選挙は、日本が平和の道に進むのか、戦争国家になるのか重大な岐路に立つ中で行われます。
 安倍内閣と自民・公明党は、集団的自衛権の行使を具体化し、いつでもどこでも自衛隊によるアメリカ国軍の支援を可能とする戦争法案を「国際平和支援法」「平和安全法」などと平和活動を行うような名前を付け、14日にも閣議決定しようとしています。
こんな危険な事態に足立区の近藤区政は、大半の区では実施していない区民の18歳から26歳までの若者の名簿を閲覧提供し、自衛隊に協力しています。
 アメリカの戦争に自衛隊が参戦・支援する、日本が攻撃されなくても「集団的自衛権」の名のもとに自衛隊が地球規模で海外で武力行使をする。これが戦争法案の正体であり、日本をそんな国にすることは許せません。
 私の政治活動の原点は平和な社会を作りたいという思いからです。
 戦時中、私の祖母と母は台東区の下町、隅田川のそばで暮らしていました。東京大空襲を経験し、もう助からないと思った祖母は、子どもたちだけ生き残ったら可哀そうと疎開先から母を呼び戻しました。何とか戦火をくぐり抜け生き残った母から、隅田川を流れる遺体を引き上げる光景の話、同級生が避難した学校に爆弾が直撃し多くの友達が亡くなった話、が機銃掃射に追いかけられその時の飛行機のパイロットの顔まで見えた話など、母自身の戦争体験を繰り返し聞かされ、戦争の悲惨さ恐ろしさを実感しました。そして戦争だけは二度と起こしてはならないと教えられ、私は育ちました。そして、その戦争に命がけで反対した人たちがいたこと、それが日本共産党の人たちだと知り、この人たちと平和な社会を作りたいという思い、私は日本共産党に入りました。だからこそ、安倍政権と自民党公明党が進める戦争する国づくりの策動を絶対許すことはできません。
 何としてもこの選挙を勝ち抜き、命・くらし・平和を守るため頑張ります。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール

はたの昭彦

Author:はたの昭彦
足立区議会議員 会派日本共産党 区議団幹事長 建設委員会委員 交通網・都市基盤整備調査特別委員会副委員長 足立区国保運営協議会委員 足立生涯学習公社評議員 地下鉄8号線促進議員連盟副会長
足立区生まれ、54歳。足立区大谷田5丁目在住
活動地域 足立区大谷田、谷中、佐野、辰沼、神明、神明南、加平、北加平、東和、中川、東綾瀬、綾瀬6.7丁目
家族 妻+猫5匹(まる、ニコ、そら、ルカ、とら)

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR