『維新の会』橋下共同代表氏「慰安婦は必要」公人の資格ない暴言!石原氏も擁護発言

(2013-05-14)
 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は13日、旧日本軍「慰安婦」問題について、「慰安婦制度というものが必要なのは誰だってわかる」として、慰安婦制度そのものを正当化し、女性の人権を踏みにじる暴言をはきました。

 橋下氏は、その理由として「日本だけじゃなくていろんな国で慰安婦制度というものを活用していた。あれだけ銃弾が雨嵐のごとく飛び交うなかで命かけて、そこを走っていくときに、猛者集団、精神的にも高ぶっている集団は、どこかで休息させてあげようとおもったら慰安婦制度が必要だ」とのべました。

 これまで橋下氏は「慰安婦」問題について「強制連行」の事実をゆがめてきましたが、今回はさらに踏み込んで制度の「必要性」を説くところまで暴言をエスカレートさせたものです。橋下氏はこの日も「日本政府自体が暴行脅迫をして拉致したという事実はいまのところ証拠で裏付けられていない」として、「事実と違うことで日本が不当に侮辱を受けている」などと発言しました。 

 また、橋下氏は安倍晋三首相が「侵略の定義が定まっていない」などとして、日本の過去の戦争を侵略戦争と認めないための議論を展開していることについて「侵略について学術上きちんとした定義がないことは、安倍晋三首相が言われているとおりだ」とのべました。


 橋下市長はまた、同日夕刻のぶら下がり会見で、沖縄県を1日に訪問した際、海兵隊の司令官に「もっと風俗業を活用してほしい」と求めたことを明らかにしました。

 橋下氏は「『米軍では禁止といっている』というから、そんな建前みたいなことをいうからおかしくなる。海兵隊の猛者の性的エネルギー、きちんとコントロールできないじゃないか」とのべました。

 「人間の尊厳おとしめる」共産党市田書記局長氏が厳しく批判 

日本共産党の市田忠義書記局長は13日の記者会見で、日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が「『慰安婦』制度は必要だ」とのべたことについて、「これほど人間の尊厳をおとしめる発言はない。人間の血が流れているのかと思うぐらいだ。公党の党首の資格がないだけでなく、市長たる資格も、国政を語る資格もない」と厳しく批判しました。

 市田氏は、「戦争に行っている軍人のためだったら、休息のためだといって、『慰安婦』制度を公然と認めるなどというのは論外であり許しがたい発言だ」とのべました。

「しんぶん赤旗」より

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール

はたの昭彦

Author:はたの昭彦
足立区議会議員 会派日本共産党 建設委員会委員 エリアデザイン調査特別委員会委員長 国保運営協議会委員 足立生涯学習公社評議員 地下鉄8号線促進議員連盟副会長
足立区生まれ、53歳。足立区大谷田5丁目在住
活動地域 足立区大谷田、谷中、佐野、辰沼、神明、神明南、加平、北加平、東和、中川、東綾瀬、綾瀬6.7丁目
家族 妻+猫5匹(まる、ニコ、そら、ルカ、とら)

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR