避難所を訪問してきました

(2011-03-19)

 福島原発事故からの避難者を受け入れている、綾瀬の東京武道館を大島都議や区議会議員と訪問してきました。
 避難者は昨日の126人から増え、300名近くになっていて訪問中も被災者が次々に来ていました。避難所には都民からの救援物資も届けられていました。我々も事前に必要なものを聞いたところ、タオルが不足とのことでしたので、地域の方に声をかけ集めれれるだけもって行きました。
 
 避難者の中には4日ぶりにお風呂に入ったという方や赤ん坊を抱えた若いお母さん、小さなお子さんも沢山居られました。この生活がいつまで続くのか、大変不安だと思います。
 原発は絶対安全と進めてきた人たちは、想定外の事態だと言って責任を回避しようとしていますが、この現状をどう思うのでしょうか。絶対に許されるものではありません。

IMG_0061.jpg避難所の様子

CIMG1256.jpg大島都議と

  避難所では食事の提供がありません。武道館周辺は飲食店やスーパーなどもありますが、いつ終わるともしれない避難所生活です。少しでもお金を節約したいと思うのが当たり前です。まして地震は天災ですが原発の放射能は人災です。国か東京電力が責任を持って支援すべきです。
 
 近所に住む知り合いの御嬢さんが、大学が春休み。自転車で5分の距離にいるので、何か協力したいと言っていることを都の担当者に伝えました。そのような問い合わせが多数来ているそうです。現状では対応できないが検討したいとのことでした。

 プライバシーを確保するための間仕切りや銭湯の無料入浴券を手配できないか、足立区議団として区に要請しました。
 現在避難所は洗濯ができないため、現在子供服・下着・靴下(いずれも新品)が不足しています。現地でも救援物資の受付をしていますのでご協力ください。

日本共産党は引き続き救援活動に力を尽くします。


 

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

選挙活動お疲れ様です。

20Km圏内に家畜他愛護動物も沢山います。
愛護団体さんが随分救ってくれていまし
た。餌やりにも通ってくれていました。
しかしもう入れません。特に隠れてしまう
猫は可愛そうです。
↓はおもに猫の保護活動をしてくれた団体です。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/#

室内猫が共食いして頭と尾っぽだけ残って
真ん中は魚のように骨だけになってしまっ
ていました。写真は削除されたようですが・・。悲惨です。地獄です。

政府はやっと家畜対策の発表をしましたが、一体何日立っていると思っているのでしょう!愛護動物に対しては未だ「検討する」
みたいないい方。どんどん餓死しています。
スクリーニングなしの犬が20km圏外にでたり、飼い犬が野生の野良化したら人を襲うおそれもあります。死体をそのまま、不衛生
ネズミ大量発生や伝染病の恐れもあります。

可愛そうなだけでなく、どうして人間被害に
及ぶ事を考えないのでしょう!環境省も今から考えてるってどういう事なんだろうと思います。怒りしかありません!

うちのとらまる
家畜の様子

http://ameblo.jp/uchino-toramaru/

人命救助が優先ではありますが、現実を見て下さい。ペットの防災対策では福祉協会でも
ペットと逃げるように教えています。どうして自治体はそのようにしなかったのか?
見殺し計画は絶対に許せないです。海外からもパッシングされています。
すでにアメリカから動物レスキューも来て活動しました。政府は何も何も何もしないです。
リンク
プロフィール

はたの昭彦

Author:はたの昭彦
足立区議会議員 会派日本共産党 建設委員会委員 エリアデザイン調査特別委員会委員長 国保運営協議会委員 足立生涯学習公社評議員 地下鉄8号線促進議員連盟副会長
足立区生まれ、53歳。足立区大谷田5丁目在住
活動地域 足立区大谷田、谷中、佐野、辰沼、神明、神明南、加平、北加平、東和、中川、東綾瀬、綾瀬6.7丁目
家族 妻+猫5匹(まる、ニコ、そら、ルカ、とら)

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR