09/25のツイートまとめ

(2014-09-26)
ahatano1

RT @nukakazu: 戸籍の外部委託問題でまたもや本会議で答弁の訂正 http://t.co/m6VadN7jdJ
09-25 07:29

スポンサーサイト


森のオーケストラ

(2014-09-23)


CIMG7251_R.jpg

CIMG7252_R.jpg

どんぐりで作ったトトロの森のオーケストラ。
知り合いがつくったものです。
あまりの可愛さと素晴らしさに売ってくださいと言ったら、
お金なんかもらわない。本当に欲しい人にプレゼントしています、
待っている人がたくさんいるんですよねとのお返事。
期待していませんでしたが昨日、はたのさん、プレゼントと言って渡されました。
この可愛さを多くの皆さんにも見てもらいたく、UPしました。

ありがとうございました。本当にうれしく思います。



09/21のツイートまとめ

(2014-09-22)
ahatano1

足立区内消防団合同点検に参加しています。これから、消火・救助などの活動が紹介されます。 http://t.co/WNqrYSvR5x
09-21 14:10



09/20のツイートまとめ

(2014-09-21)
ahatano1

RT @k96738086: 【🚨緊急拡散希望🐱】RT "@kurodamushi: #足立区 で #猫 55頭の崩壊です。#一時預かり #里親 様&物資も急募当方でメディカルチェック等は致します… 髙田 http://t.co/OfZ4tsw8h3"; http://t…
09-20 07:54



今年は10月20日(日)開催です。

(2014-09-20)
毎年恒例のふれあいまつり。今年は10月12日(日)に北綾瀬駅前のしょうぶ沼公園で開催です。
たのしい催しものを準備しています。
お待ちしています。

無題_R


『子ども・子育て支援新制度』に関する緊急申し入れを実施!

(2014-09-16)
 政府は、来年4月から子ども・子育て新制度を、本格的に実施すると準備を進めてきましたが、実際には9月までに終えておかなければならない条例の整備も間に合わず、さらに新制度の要である「保育料」については基準となる国の府政令も出ず、「足立区子育て支援サービス利用者負担適正化審議会」は2回にわたり流会になるなど混乱が続いています。
 この様な状況の中で新制度の実施は利用者の混乱を招き、安心した保育の実施は困難な状況であり、区として政府に対し子育て新制度の2015年度実施を凍結し、保護者や保育関係者の意見を生かした制度とすることを求めるべきと、16日日本共産党足立区議団が、緊急の申し入れを三橋福祉部長におこないました。

申し入れ書を福祉部長に手渡す足立区議団 はたの昭彦議員は右から二人目

申し入れ書全文

足立区長 近藤やよい様
子ども家庭部長 三橋雄彦様
                                                         2014年9月16日
                                                           日本共産党足立区議団             
  
   「子ども・子育て支援新制度」の実施に関する緊急申し入れ

 政府は、「2015年度4月から新制度を本格的に実施する」とし、多くの保育関係者の反対や懸念の声をよそに、実施の準備を進めてきた。
 新制度の実施主体は区市町村で、2015年4月から新制度を実施するためにさまざまな手続きをしなければならず、基本的に関係条例の整備など9月までに終えておかなければならない。しかし、新制度準備を急がせる政府(内閣府・厚生労働省等の中央官庁)自体が、当初示したスケジュールどおりに作業をすすめることができていない。
 区は、新制度実施のための実務を2014年10月開始するには、9月までに諸準備を整えておかねばならず、足立区地域保健福祉推進協議会「子ども支援専門部会」「足立区子育て支援サービス利用者負担適正化審議会」を設置してきた。
 しかし、新制度の要である「保育料」については基準となる国の府政令が出ないことが理由で審議会が2回にわたり流会となり、府政令は12月過ぎるとなれば2015年度の本格実施はできない。
 区は、第三回定例議会には政府が府省令で示した条例案を検討する時間はほとんどないままの「保育料」を除いた条例案を提案している。
区は「あだち広報9月10日付け」で27年4月から「子ども子育て支援新制度」が始まり、27年4月利用分から、保育所、地域型保育などの利用手続きや保育料などが変更となる主な変更点と2015年度利用受付・認定申請期間は11月17日~12月1日とすると広報した。保育料については「国が定める基準を上限に区があらたに設定します。※具体的な額は検討中」としている。
 保育事業の要である保育料が示されなければ、各施設の開所時間、延長保育や一時保育なども分からず、保護者は保育施設が選べず、事業所も保育士の配置などに影響をおよぼす。さらに、学童保育(放課後児童健全育成事業)の保育料についても足立区は住区センターなど様々な運営形態であり、統一の保育料、開所時間を示さなければならない。
 こうした政府の対応の遅れは、新制度が保育制度を根底から変える大きな「改革」であるにもかかわらず、当事者である保護者や保育関係者に、この内容がほとんど知らされていないという問題を生み出している。
 区は子ども・子育て新制度についての説明会もこれからであり、パブリックコメントも未実施である。まして、保育料も「具体的な額は検討中」のままで利用申込み事務を実施すべきではない。
 よって、区として政府に対し子育て新制度の2015年度実施を凍結し、保護者や保育関係者の意見を生かした制度とすることを求めるべきである。
                                                               以上申し入れる。


出す側・貰う側 責任問われる 経団連の献金関与

(2014-09-15)
大企業中心の財界団体、経団連(榊原定征(さだゆき)会長)が企業献金への関与を再開し、会員の企業や業界団体に献金を促すことを正式に決定しました。財界の「通信簿」として悪名が高かった政党への政策評価も再開します。財界が政党の政策を採点し企業献金の額を左右するなど、「政策を金で買う」行為そのものです。もともと企業献金は金権腐敗の温床であり、直ちに廃止すべきです。企業献金を受け取る自民党の谷垣禎一幹事長は「呼びかけはありがたい」といっていますが、うさんくさい金を出す側も貰(もら)う側も責任を免れません。
250px-Otemachi_Keidanren_Kaikan_and_JA_Bldg_20100618-001.jpg 経団連会館(写真左)


「政策を金で買う」行為

 企業献金への関与再開にあたっての経団連の発表は、「民主政治を適切に維持していくためには相応のコストが不可欠」であり、企業献金は「企業の社会貢献の一環として重要性を有する」と主張しています。企業献金が数々の金権腐敗事件を引き起こし、規制と禁止が国民世論になり、関与を中止した経緯を無視した、開き直りです。

 企業が政党や政治家に政治資金を提供する企業献金は、ボランティアへの資金提供やお祭りの寄付のような「社会貢献」とは違います。政治の主人公は国民であり、政治資金の提供も参政権を持つ国民の権利です。企業は主権者でない以上参政権はなく、その企業が献金し、金にものをいわせて政治を牛耳れば、国民の政治参加を邪魔することにしかなりません。

 それでなくても利益が目的の企業の献金は、献金に見合う利益が上がらなければ経営者が株主から責任を追及され、利益に結びつけば贈収賄の罪にも問われます。まさに金権腐敗政治の温床です。献金の総額が規制され、政治家個人への献金が禁止されるようになったのもそのためです。経団連の献金関与の再開は、金権腐敗政治を促進しようというのか。

 経団連が政党の政策を評価し企業に献金を促せば、献金がクリーンになると経団連はいいたいようですが、経団連が気に入った政党には献金を集中するのは文字通り「政策を金で買う」行為です。個々の企業の献金より悪質ともいえます。企業献金が財界の望む政治の見返りであることが公然化するだけで、クリーンとは無縁です。

 経団連は献金への関与再開を決めた前々日、来年度税制改正についての提言を発表し、来年10月からの消費税の増税を「着実に」おこなうことや、法人実効税率を来年度まず2%引き下げることなどを要求しました。こうした財界本位の政治に熱心な政党にはたくさん献金させるというのは、まさに財界の政治支配そのものです。

企業献金受けぬ党こそ

 経団連の企業献金関与の再開に対し、自民党本部で9日、榊原会長らと会った谷垣幹事長が「自発的な政治寄付の呼びかけは大変ありがたい」と発言したのは見過ごしにできません。度重なる金権腐敗事件にもかかわらず、自民党はいまだに企業献金を受け取り続け、禁止された政治家個人への献金も「政党支部」の名目で受け取っています。経団連の献金を「ありがたい」というのは、金権腐敗政治を一掃する気がない証明です。

 日本共産党は企業献金も税金で賄う政党助成金も1円も受け取りません。企業献金を全廃してこそ、財界と腐れ縁のない国民本位の政治が実行できるのは明らかです。
(しんぶん赤旗より)


1日のスタート朝市宣伝から

(2014-09-14)
東和朝市
毎月第2日曜日は、足立区東和にある「アモール東和」商店街の朝市にお邪魔しています。
大島よしえ都議にも毎回参加してもらっています。
陽気も良くなってきたので、今日はお揃いのジャンパーを着て歩きました。
都議になった自民党の議員の後継者という人物も参加していました。
選挙へ向け闘いは本番です。
朝市をスタートに、昼間は地域回り、夜は後援会の交流会と今日も目一杯の日程ですが、頑張ります。

CIMG7190_R.jpg
今日(14日)のアモール商店街の朝市、いつもより人でも多くにぎやかでした。持って行ったチラシもおかげさまでなくなりました。



区制報告会in辰沼小学校

(2014-09-13)

 議会と議会の間の機関に区制報告会を行っています。
少ない参加者でも会場を変え、活動地域内をこまめにと思いますが中々そうもいかず・・・。
 今日、13日は区立辰沼小学校のランチルームをお借りし、開催しました。
第2回定例議会の代表質問を中心に区政で起きている実態を報告。
 今回は国保料がどうしてこんなに高いのか、外部化は撤回と言ってたが、国保や介護の外部化を進めるとはどういうことか、夫が入院中、入院費がとても高いなどたくさんの質問や意見が出され時間が足りなくなるほどでした。
大島都議会議員にも忙しい中参加をしていただき、都政報告を行ってもらいました。
 今後もこのような報告会をこまめにやっていきます。
CIMG7168_R.jpg



えっ!!1台2000万円!?

(2014-09-10)
ビューボーTV
電子看板の費用テレビ本体設置費 3654万円
ソフト・システム設計・開発1億70万円
合計  1億3724万円
1台当たりの費用 1960万円
 

北千住駅東西口にこんな電子看板(デジタルサイネージ)が7か所設置されているのをご存知でしょうか?区が「ビュー坊テレビ」と名付けているものです。
 これは、区が「帰宅困難者対策」として設置したもので、非常時に帰宅困難者へ避難所の場所やや列車等の運行情報等を伝える機能を持っています。今年東口に2台、西口に5台を設置しました。
 共産党区議団がおこなった区民アンケートの自由記載欄には「目立たない。何のためにつけたのか」「税金の無駄づかい。追及してください」などの声が何人もありました。
 他の自治体の防災担当者に話を聞いたところ「帰宅困難者対策としては、支援ステーションで水や情報を提供する」「備蓄品を増やす」ことが中心で「TV設置に金をかける」発想は特異なものであることがわかりました。
 日本共産党はこの問題を災害オウム対策調査特別委員会で追及したところ、システム設計費も含めて総額一億三七二四万円もの経費が掛かったことがわかりました。一台当たり2000万円近くになる(1960万円)ことになります。
 そもそも電子看板は屋内設置を想定して作られており、これを屋外に設置するために堅牢な躯体に収めることになり通常より多額の経費が掛かりました。しかし、コンピューターが内蔵されているため、通常のPC同様に5年で内部の機会を更新する必要があります。
 5年で1台2000万円!費用対効果としていかがなものか。との追及に区は「躯体本体はもっと耐用年数が長い」としか答えられませんでした。。
 今後もこの電子看板を帰宅困難者対策として、綾瀬駅や北綾瀬駅・千住大橋駅周辺に8台設置する計画です。
 区の一般財源を多額につかうものであり、税金の使い方としての妥当性が問われます。慎重に対応するべきではないでしょうか。


9月9日は「救急の日」

(2014-09-10)


9月9日は「救急の日」です。

 救急の日は、「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから、救急医療関係者の意識を高めるとともに、 救急医療や救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めることを目的として、昭和57年(1982年)に厚生労働省によって定められました。

 また、「救急の日」を含む1週間を「救急医療週間」(平成25年は9月8日から14日まで)として、応急手当の講習会を中心とした救急に関する様々な行事が実施されています。

CIMG5737_R.jpg

 足立区役所1階のアトリウムでも足立消防署が展示、講習をやっていましたのでAEDを使った応急手当の指導を受けました。心臓マッサージの講習は初めて受けましたがかなりの重労働と思っていたよりも強い力で行う必要性があることがわかりました。
 経験をしていないといざという時になかなか手が出にくいと思います。一度経験することをお勧めします。


09/04のツイートまとめ

(2014-09-05)
ahatano1

Nike+を使用して5.78 kmのランを終了しました。 #nikeplus
09-04 06:11



広島土砂災害、救援募金に取り組みました

(2014-09-01)
広島等豪雨災害支援募金のお願い―あなたの力をお貸しください



 8月19日以降、広島市内を襲った記録的な豪雨は、土石流などによる死者・行方不明、住宅損壊・浸水、停電、断水などを引き起こし、豪雨による土砂災害では過去最大規模の甚大な被害をもたらしました。被害は、広島県内、他県を含めて、今後さらに拡大する可能性をはらんでいます。

 日本共産党中央委員会は、ただちに山下芳生書記局長を本部長とし、国会議員らによる災害対策本部を設置し、広島県委員会の災害対策本部(本部長・村上昭二県委員長)と一体となって、現地調査、被災情報の収集、被災者の安否確認とお見舞い、要望の聞き取り、行政への申し入れなどの緊急対応にとりくんでいます。被災地周辺の日本共産党組織も、さっそくボランティアの派遣、救援募金のよびかけなどの支援活動を開始しています。

 同時に、かつてない規模の被害発生のもとで、被災者救援のためには資金的な保障を必要としています。そのために、全国のみなさんに「広島等豪雨災害支援募金」へのご協力を心からお願いするものです。

 日本共産党は、国民の苦難軽減のために献身する立党の精神にたって、広島市をはじめとする被災者救援のために全力をつくしていきます。みなさんのあたたかいご支援・ご協力を重ねてお願いいたします。



2014年8月  日本共産党中央委員会



〔募金の送金先(いずれも郵便振替)〕  

○日本共産党広島県委員会に送金される場合
 【口座番号】01320―4―21105
 【加入者名】日本共産党広島県委員会

○日本共産党中央委員会に送金される場合                          
 【口座番号】00170―9―140321
 【加入者名】日本共産党災害募金係

IMG_1666_R.jpg
毎週金曜日の夕方はJR亀有駅北口で議会報告宣伝に取り組んでいます。
先週の26日は急遽、広島土砂災害救援募金を6名で取り組みました。
わずか1時間の取り組みでしたが、1万6千円を超える募金が寄せられました。
人々のあたたかさと、募金を託していただ区ということで共産党への信頼の大きさを感じました。
寄せられた募金は中央委員会を通じ被災者に届けます。





 


08/31のツイートまとめ

(2014-09-01)
ahatano1

Nike+を使用して4.76 kmのランを終了しました。 #nikeplus
08-31 21:25



リンク
プロフィール

はたの昭彦

Author:はたの昭彦
足立区議会議員 会派日本共産党 区議団幹事長 建設委員会委員 交通網・都市基盤整備調査特別委員会副委員長 足立区国保運営協議会委員 足立生涯学習公社評議員 地下鉄8号線促進議員連盟副会長
足立区生まれ、54歳。足立区大谷田5丁目在住
活動地域 足立区大谷田、谷中、佐野、辰沼、神明、神明南、加平、北加平、東和、中川、東綾瀬、綾瀬6.7丁目
家族 妻+猫5匹(まる、ニコ、そら、ルカ、とら)

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2014年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR