密集市街地整備事業 の調査活動

(2012-06-09)
 本日、9日朝一番で、社会福祉法人あだちの里 綾瀬ひまわり園で開催された園祭「さんさんフラワーフェスティバル」に来賓として招待されたので参加しました。昨年は震災の影響で中止となり2年ぶりの開催です。
 あいにくの空模様でしたが、多くの参加者で賑わっていました。パイナップルやオレンジ、トマトが安かったので買わせていただきました。
CIMG4141.jpg

その後足立区内で行われている関原1丁目の密集市街地整備事業の調査に行ってきました。関原1丁目は修復型の防災街づくりとして行われ、成功例として全国から視察団も来ています。
CIMG4186.jpg

 関原一丁目地区は、荒川放水路に架かる西新井橋の北詰に位置する、面積約13.6ha の区域です。もともとは水田でしたが、高度成長期に急激に市街化が進んだため、道路や公園などが不足し、住商工が混在した木造建物が密集する市街地が形成されました。
足立区では昭和60 年、地区にお住まいの皆様などに呼びかけ、関原一丁目地区まちづくり協議会を設置し、足立区のまちづくり第1号として、住民のみなさんと協働で進めるまちづくりを開始しました。また、まちづくり事業として住宅市街地総合整備事業(密集住宅市街地整備型)【密集事業】を導入し、みちづくりや広場づくり、コミュニティ住宅づくりを推進しています。平成17 年には防災街区整備地区計画(クリックで別ウインドゥが開きます)を策定して、災害に強いまちづくりを着実に実現しています。
b15a458d6ee81c86b8bab1fcd445e9cd.jpg

CIMG4170.jpg
以前はこのような町並みでした。

CIMG4154.jpg
密集市街地整備事業で立て替えられ、道路も拡幅されました。道路の左側は立て替えられた戸建住宅、右側は建設中の共同住宅。

関原地域には10年以上前、東京土建足立支部の役員をしていた時によく通っていました。当時は迷い込むとなかなか目的の場所に行けず苦労しました。久しぶりに訪れましたがまちが大きく変わっていて驚きました。
私の活動地域の中でも中川地域のような木造住宅の密集地域があります。区としても危険性は認識していますが、防災対策は手付かずです。
関原地域のような成功例を参考に、まちづくりに着手することが望まれます。
スポンサーサイト


リンク
プロフィール

はたの昭彦

Author:はたの昭彦
足立区議会議員 会派日本共産党 建設委員会委員 エリアデザイン調査特別委員会委員長 国保運営協議会委員 足立生涯学習公社評議員 地下鉄8号線促進議員連盟副会長
足立区生まれ、53歳。足立区大谷田5丁目在住
活動地域 足立区大谷田、谷中、佐野、辰沼、神明、神明南、加平、北加平、東和、中川、東綾瀬、綾瀬6.7丁目
家族 妻+猫5匹(まる、ニコ、そら、ルカ、とら)

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2012年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR