復興支援ボランティア

(2012-04-20)


18,19日の二日間宮城県石巻市に昨年の7月以来、二度目のボランティアに行きました。
鈴木けんいち、ぬかが和子議員と地域の方も含め16名での参加です。
18日の朝5時半に足立を出発、6時間半かけて石巻に到着、この日は被災地の視察を行いました。

CIMG3804.jpg
日和山から見る石巻の町は1年前とほとんど変わっていませんでした。

CIMG3816.jpg
雄勝町では被災した建物はほとんど撤去されていましたが、瓦礫はあちらこちらに野積みされ、ダンプが走りまっわています。

CIMG3824.jpg

CIMG3823.jpg
大川小学校の前には供養塔が設けられていましたので、ご冥福を祈りました。

CIMG3828.jpg

CIMG3839.jpg
その後救援センターに行き寄せられた支援物資を降ろしました。お米は全部で450キロにもなりました。ただただ感謝です。

CIMG3855.jpg
募金もお渡ししました。

CIMG3845.jpg
翌日の訪問聞き取りに備え、お米をみんなで小分けに。手前はぬかが和子区議。

CIMG3888.jpg
19日は2班に分かれ仮設住宅で訪問聞き取り調査と無料バザーを行いました。写真はバザー会場の集会所。

CIMG3859.jpg
バザー準備の様子。

CIMG3876.jpg
CIMG3873.jpg
バザーが始まると会場はすぐに人でいっぱいに。洗剤などの消耗品が特に喜ばれました。私はバザーの担当でした。

CIMG3867.jpg
訪問部隊は前日袋詰めしたお米と野菜をもって約100件のお宅を訪ね聞き取りをしました。

19日の2時過ぎにボランティアは終了、東京には21時に到着。
被災者の方が忘れずに来てくれることが何よりうれしいとの言葉が印象的でした。これからも支援活動を続けます。











スポンサーサイト


「六町加平橋」竣工式に参加

(2012-04-15)
本日、補助第258号線綾瀬川橋梁「六町加平橋」の完成に伴い、竣工式が開催され招待されたので参加してきました。
六町加平橋は綾瀬川にかかる加平橋と匠橋の中間にかけられた橋で、ツクバエクスプレス六町駅開業に伴い、綾瀬川の東側にお住まいの方々から利便性向上のために人道橋をかけて欲しいとの要望が出されたことがきっかけでした。
検討の結果、人道橋をかけるよりも計画のあった補助第258号線綾瀬川橋梁を前倒しして架設したほうが合理的とのことで、工事に着手され今回の開通になりました。
人道橋としての取りあえずの開通で、六町側の区画整理の見通しが立たないため、当分自動車の通行は出来ません。
車が走れるようになれば、六町駅から補助第258号を通り亀有駅を結ぶ「はるかぜ」の新路線開業も見込まれるので、早期の全面開通が望まれます。

CIMG3783.jpg



式典では谷中中学校吹奏楽部のすばらしい演奏もありました。
CIMG3785.jpg


段差解消工事が始まりました

(2012-04-13)
CIMG3686.jpg

CIMG3685.jpg

写真は東綾瀬保育園の正門前の交差点です。
横断歩道の真ん中に標識のポールが建っており、歩道との境は切下げが行われておらず、段差があります。
保育園にお子さんを預けている方から、「危険なので何とかして欲しい」と相談が寄せられ、3月中旬に現地調査を行いました。
調査で分かったことは歩道はURの敷地なのでURの管理、標識の設置、管理は警視庁、横断歩道は区道なので足立区の管轄。まさに縦割り行政の典型でそれぞれが互いに連携することなく工事を行った結果のようです。
早速、写真を示し足立区に対応を求めたところ、区の担当課も、どうしてこのようなことになったのか唖然としていましたが、早急の対応を約束、今回の工事になりました。
なお、標識のポールは警視庁の管理のため、6月から7月の間に移動をするとの回答を得ています。








足立区が東京都に中川公園の放射能低減措置を求める要望書を提出

(2012-04-10)
スキャン 画像クリックで別ウインドウが開きます

足立区が3月28日付で、東京都に対して都立中川公園の放射線低減措置を求める文書を提出しました。
都立中川公園は東京都が11月におこなった調査で、都内最高の7マイクロシーベルトを超えるホットスポットが計測され、地域住民からも除染を求める陳情が都議会に出されています。
 3月の足立区議会予算特別委員会で、私がこの問題を取り上げ、子どもたちの安全のためにも、詳細な調査と除染をするよう強く求める文書を足立区として東京都に出すよう求めていたもので、これに応えるかたちで提出されました。


東京電機大学千住キャンパス見学会

(2012-04-01)


CIMG3748.jpg
30日、東京電機大学千住キャンパスがオープンするため、区議会議員の見学会が開催されたので参加してきました。
東京電機大学千住キャンパスは創立100周年の中核事業として取り組まれました。4つの建物を合わせると延べ床面積は約72700㎡にもなり、学生数は5000人になります。
建物の建設に当たっては免震構造の導入で災害時は近隣の避難所の機能を有し、従来の同規模の建物に比べCO2排出量は約48%と最新の省エネ対策が施されています。

CIMG3740.jpg
浅子議員と屋上で

CIMG3747.jpg
1Fから14Fまで5つの巨大な蓄熱槽が連結され、夜間電力で蓄えられた熱を建物の冷暖房に活用、日本初の実用化だそうです。蓄熱槽の直径は4m以上ありました。
CIMG3742.jpg


リンク
プロフィール

はたの昭彦

Author:はたの昭彦
足立区議会議員 会派日本共産党 建設委員会委員 エリアデザイン調査特別委員会委員長 国保運営協議会委員 足立生涯学習公社評議員 地下鉄8号線促進議員連盟副会長
足立区生まれ、53歳。足立区大谷田5丁目在住
活動地域 足立区大谷田、谷中、佐野、辰沼、神明、神明南、加平、北加平、東和、中川、東綾瀬、綾瀬6.7丁目
家族 妻+猫5匹(まる、ニコ、そら、ルカ、とら)

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2012年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR