スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さよなら原発パレード

(2012-02-28)
パレード
 
福島第一原発の事故が起きてから間もなく一年。政府は事故の収束宣言をしましたが、本当の収束は避難している人が元の生活を取り戻した時です。
原発の安全神話も崩れ、原発がないと電力は足らないというのもまやかしでした。
今“原発いらない!”の声を大きくしていくことが何よりも求められています!

3月11日足立区内でさよなら原発パレードが行われます。
原発なくせの一点で力を合わせましょう。どなたでも参加できます。
どうぞ気軽に参加してください!
スポンサーサイト


竣工式に参加

(2012-02-26)
 CIMG3572.jpg CIMG3552.jpg

25日、西新井に出来た水野介護老人保健施設の竣工式に区議会厚生委員として招待され参加しました。
まず、規模に驚かされました。
4階建て、延べ床面積2900坪、218床というのは全国でも2番目、東京では最大規模だそうです。しかも そのうち4階部分はすべて認知証専門棟だということでさらにびっくりです。

CIMG3554.jpg CIMG3559.jpg CIMG3556.jpg
 
内部はどこもゆったりとした造りで、落ち着いた雰囲気でした。
設計事務所方の説明では広い敷地を活かし、南側に窓を多く配置し、採光を出来るだけ取れるようにしたとの事でした。

CIMG3569.jpg CIMG3560.jpg
 
増え続ける特別養護老人ホームなど要介護高齢者の施設待機者は増え続けるばかりです。足立区は来年度から特養1000床、老健500床の整備を計画しています。
この施設の開所が大きな役割を果たします。


加平第1公園で放射線測定実施

(2012-02-24)
加平第1公園
 
測定値

 2月19日、加平3丁目にある加平第一公園の放射線測定を、近隣住民の皆さんと共に行いました。今回の測定は公園周辺の住民からの要望を受け実施したものです。
 放射線量は地表に近いほど高く、特に・雨水が集まるところ及びその出口(竪どいから直接排水されている場所、側溝、集水ます、雨だれが落ちている場所など)が、局所的に放射線量が高い傾向があります。
 加平第一公園の中央広場は以前は豪雨時の一時的な貯水池の役割を持たせていた(今ではそのような機能はない)こともあり、回りよりも低く雨水が集まりやすい造りになっています。 今回の測定結果から、公園内の中央広場周辺部がその他の地点に比べて高いことが分かりました。
CIMG3528.jpg

 足立区は子どもが利用する施設を優先的に、区施設の局所的に放射線量が高いと思われる地点の測定を順次実施し、公表するとしています。しかし、測定する場所は雨水が集まるところ及びその出口(竪どいから直接排水されている犬走り、側溝、集水ます、雨だれが落ちている場所など)、校庭等の中心等としており、今回測定をしたような場所は該当しません。
 加平第一公園の区による、局所的に放射線量が高いと思われる地点の測定はまだ実施されていません。
 はたの昭彦区議は、足立区公園管理課に対して、今回の測定結果を示し、今後の測定時に今回線量が高かった地点も測定することを求め、合わせて対策を求めました。
 今回の結果からも、ホットスポットの発見には、よりきめ細やかな測定が必要なのは明らかです。しかし、測定箇所は膨大であり、区だけで測定するのは不可能だと言えます。区民の方との共同の取り組みが必要です。
 日本共産党区議団は、区として測定器を購入し貸出制度をつくることを求めています。
 ご要望があれば出前測定に伺います。お気軽にご連絡ください。
 加平第1公園の足立区による測定は、3月7日に行うとの回答がありました。
CIMG3527.jpg



後援会総会に参加

(2012-02-22)

19日、共産党六木地域後援会の総会に参加しました。
六木後援会の歴史は古く、誕生は前区議の渡邊修次さんが区議に初挑戦した時まで遡るので、40年以上になります。
総会では区議選、区長選のあった昨年の活動を総括するとともに、6月にもあるかも知れない衆議院選挙で東京で2議席以上を目指す決意を固めあいました。
私も、当選後の議員としての活動やこの間の成果の報告をしました。

CIMG3543.jpg
衆院東京13区(足立区中部・東部)雇用・社会保障対策責任者のそぶえ元希さんが六木後援会のデビュー挨拶をし、自らの生い立ちや衆議院選への決意を語り増した。

CIMG3538.jpg
大島よしえ都議からは都政報告として石原都政がオリンピック招致のための看板に660万円もの無駄使いながら、都民サービスを削っている実態と来年の都議選への支援のお願いがありました。

CIMG3544.jpg
総会の後は懇談会。六木後援会には料理上手な方が多数いまして、今回もテーブルいっぱいの料理が並んでいました。大島よしえさんもこれが楽しみと語っていました。


公約実現!

(2012-02-18)

 
 利用者の長年の願いだった、千代田線、綾瀬・北綾瀬間の増発が実現しました。2月16日に突然、東京メトロからの報告がありました。私も選挙公約の一つでもありましたので大変うれしく思います。早速17日の朝、北綾瀬駅で報告の宣伝をしました。

時刻表

青色の部分が増発。計11本の増発です。
 
列車増発は私自身が利用者でもありましたので特に力を入れ、5年前から取り組んでいた課題です。これまで署名や要望書をメトロに届け、4度の交渉を東京メトロと行ってきました。
 昨年10月24日の交渉でもメトロ側は前向きな回答をしていなかっただけに、今回の突然の決定は驚きです。 まさに利用者の声が届いた!諦めずに取り組んできてよかったです


「消費税増税ストップ」全国一斉宣伝

(2012-02-17)

 
今日、野田内閣が消費増税と社会保障の一体改革を閣議決定しました。。現行5%の消費税率を2014年4月に8%、15年10月に10%への段階引き上げるのが柱です。そして、「国民に負担をお願いする前提で身を切る努力をしなければならない」と語り衆院議員定数削減については、必ずまとめたいとしています。しかし、議員定数削減は消費税反対などの国民の声の切捨てに他なりません。削減によって減るのは民主党ではなく少数政党です。
野田内閣が計画している消費税増税は、現在5%の税率を倍の10%に引き上げることで約13兆円、「社会保障と税の一体改革」の名による社会保障改悪などと合わせれば20兆円もの負担を国民に押し付けるものです。
14日付の各新聞の世論調査でも、野田内閣の消費税増税への「反対」が「読売」で55%、「朝日」で46%などとなっています。財源がないなら将来はやむをえないと考える人も含めて、野田内閣の大増税計画への不安が多くの人のものになりつつあることを示しています。
日本共産党は、「消費税大増税ストップ! 社会保障充実、財政危機打開の提言」を発表しました。野田内閣の消費税大増税計画に断固反対するとともに、消費税増税に頼らないで社会保障の再生・充実、財政危機の打開が実行できることを、具体的に明らかにし手います。
 日本共産党は、17、18日には第1次の全国いっせい宣伝・署名活動を行います。私も今日の夕方5時半から亀有駅で宣伝・署名に取り組みました。始めたとたんにみぞれ交じりの雨が降ってきましたが、がんばりました。


リンクを張りました

(2012-02-16)

日本共産党 衆院東京13区(足立区中部・東部)雇用・社会保障対策責任者のそぶえ元希さんです。
リンクを張りましたのでぜひ訪問ください。
予定候補として街頭などで訴えを始めています。激励をお寄せください。


動物愛護法改正案 今国会に

(2012-02-08)
襍、譌誉convert_20120208224848
 
動物愛護法改定案が今国会に提案されます。焦点になっているのが、子猫や子犬の売買を生後何日目からにする問題です。8日付けの赤旗新聞に記事が掲載されていました。

私もよくペットショップに行きますが、子猫や子犬が産まれてすぐに親や兄弟から離されたった一匹でゲージに入れられ展示されているのを見るとかわいそうになります。
記事にもあるように、この時期は親や兄弟から社会性を身に付ける、今後生きていく上での大切な時期でもあります。ペットショップの商売の理屈だけで、あまりにも早くに親から引き離すのは問題があるのではないでしょうか。
 記事には出ていませんが、実際の子猫、子犬を展示し、抱かせて一時の感情を盛り上げて売りつけることにもつながる展示販売にも疑問があります。このような販売方法を認めていない国は多数あります


CIMG3490.jpg
我が家の「ニコ」はそんなことにはお構いなく、ファンヒーターの前でへそ天で寝ていますがこれでも女の子です。
この子は元ノラで、綾瀬のコンビニの前でネズミ取りにからまり、ベタベタの状態で地域の保護団体に保護され、縁あって我が家の子になりました。

CIMG3500.jpg
その様子をカウンターの上から監視する「まる」。
この子は荒川河川敷で暮らすホームレスさんが飼っている猫から生まれた5匹兄弟の一匹。男の子ですがビビりで、玄関のチャイムが鳴ると脱兎のごとく押し入れに逃げ込みます。
やはり里親探しの活動をしている方から譲っていただき、我が家に。

ペットショップにはきれいな純血種の犬猫が売っていますが、それらを買う前に、里親を探している子たちを選ぶ選択肢も考えて欲しいものです。
 
毎週日曜日、午後3時から綾瀬駅前のハト公園で猫の里親会を行っています。興味のある方はお越しください。


アトリウムコンサート

(2012-02-07)

 毎月、足立区役所1階のアトリウムで昼休みコンサートが開かれています。今回は足立シティオーケストラによる弦楽四重奏での演奏で、わがまち足立、ハイドン弦楽四重奏「五度」、ヴェルディ「アイーダ」より「凱旋行進曲」、滝廉太郎「花」、中田あきら「早春賦」、中村八大「上を向いて歩こう」の6曲が演奏されました。
 多くの方が演奏に聞き入っていましたが、ちょっと寒かったです。
 会場に行ったら足立区のマスコットキャラクターのひとつである「ビュー坊」がいましたので、一緒に写真を撮りました。
CIMG3466.jpg
 
足立区にはマスコットキャラクターがいくつもありますが、あまり知られていないのが現状で、無駄だとの批判も出ています。最近はこの「ビュー坊」が多く使われています。

予断ですが、ビュー坊の中に入っているのは区の女性職員だそうです。


東京土建足立支部綾瀬分会新年会

(2012-02-06)

 
5日、古巣でもある東京土建綾瀬分会の新年会に招かれ、久しぶりに土建の仲間に会い、元気をもらってきました。
不況が深刻で、何とかして欲しい、消費税増税などとんでもないとあちこちから聞かれました。
区議会議員として挨拶をさせてもらい、発表された区の来年度予算の中身や、住宅リフォーム制度の創設などに取り組み、組合員の暮らしと営業守る決意を話しました。


日本共産党足立区議団 自然エネルギー提言を提出

(2012-02-01)
C02削減長期目標50%、当面の太陽光発電設置目標全世帯の3%など具体的に提起 


日本共産党足立区議団は1月19日、近藤弥生区長に対して「原発依存から脱却し自然エネルギー中心の足立区へ」と題する提言を提出しました。提言は、東京電力第1原発の事故を契機に、原発に依存したエネルギー政策をこのまま続けていいのかという重大な問題が、日本と世界に突きつけられていると指摘。
 原発からの撤退を強く求めるとともに、自然エネルギー(再生可能エネルギー)の抜本的な導入を身近な自治体から取組むべきだと提案しています。
区議団は半年間にわたり先進自治体の視察を含め調査・研究を続けてきました。それをもとに、区のCO2削減長期目標を50%以上とし、当面の太陽光発電の設置目標を全世帯の3%とすることなど、具体例を示して提言しています。
 石川義夫副区長と大高秀明環境部長が応対し、区のCO2削減目標を決定することや、学校施設への太陽光パネル設置などについて実施の意向を表明するとともに、提言の検討を約束しました。「提言」全文は日本共産党足立区議団HPからもダウンロードできます


リンク
プロフィール

はたの昭彦

Author:はたの昭彦
足立区議会議員 会派日本共産党 区議団幹事長 建設委員会委員 交通網・都市基盤整備調査特別委員会副委員長 足立区国保運営協議会委員 足立生涯学習公社評議員 地下鉄8号線促進議員連盟副会長
足立区生まれ、54歳。足立区大谷田5丁目在住
活動地域 足立区大谷田、谷中、佐野、辰沼、神明、神明南、加平、北加平、東和、中川、東綾瀬、綾瀬6.7丁目
家族 妻+猫5匹(まる、ニコ、そら、ルカ、とら)

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2012年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。