第3回定例会最終日、反対討論に立ちました

(2016-10-24)


地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例に対する反対討論

ただいま議題となりました第96号議案、第98号議案、第100号議案、第101号議案、第104号議案、第107号議案、第108号議案、第109号議案、第110号議案、第111号議案、第113号議案、以上11議案について、日本共産党足立区議団を代表して討論を行います。
 平成27年6月に「風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律」いわゆる風営法が改正され、これに伴い足立区内の19件の「地区計画区域内における建築物の制限に関する条例」の改正が必要となり、今回提案されました。
 しかし、この11議案は区が法改正の趣旨を反映させず、引き続き規制をかけ、ダンスホールやナイトクラブ等について、風営法改正前と同様に建築物の建築を制限するというもので、認められません。
 風営法によるダンス規制の廃止は、共産党から自民党までの国会議員約60名が超党派で「ダンス文化推進議員連盟」を作り推進してきました。また、国会には16万筆を超す「ダンス規制の廃止」を求める署名も届けられ、国内の主要なダンス団体も改正を求めていました。
 そのような中で政府の規制改革会議において、国民の生活様式の多様化が進み、ナイトライフの充実を求める国民の声が高まっていること、ダンスに対する国民の意識の変化などを踏まえて検討、その結果としてダンスに係る風営法規制の見直しなどが盛り込まれた規制改革実施計画が閣議決定されました。
 風営法改正を審議した平成27年6月16日の参議院内閣委員会で越智隆雄内閣府副大臣は、「近年、社交ダンス以外にも様々なダンスが国民に愛好されるようになり、小中学校の教育現場にもダンスが取り入れられるなど、ダンスの文化的、経済的な重要性が増している。また、2020年の東京オリンピック開催が決定している中、ダンス文化を活用した魅力ある町づくりを進め、海外観光客を呼び込むためにも早急な見直しが必要」と述べています。
 ダンスが若者から高齢者まで健全な文化、交流、あるいはスポーツとして息づいている時に、風俗を乱すという発想のもと、風俗営業から除外されたダンスホール等を引き続き規制することは、法改正の趣旨からも逸脱し、健全なダンス文化の発展の阻害にもなりかねず、時代遅れと言わざるを得ません。
 また、地区計画の変更は地域住民の合意が必要ですが、区は規制の継続であり説明は必要ない、今後声があれば地区計画の変更を考えるとのことですが、法改正の趣旨を考えれば、これらの地域の住民に対し法改正の中身を説明し、まず継続の是非を図った上で判断をすべきでした。
以上のような理由から賛成することはできないことを申し上げて討論を終わります。
スポンサーサイト


区政報告会を開催しました。

(2015-04-13)


4月11日(土)東加平小学校をお借りして区政報告会を開き、大島よしえ都議にも参加していただきました。
自民党、公明党、民主党によって支えられている足立区の近藤区長が、区民のくらしを切り捨て負担を押し付ける進める」区政の中身を新年度予算の実態から報告しました。
参加した小学生のお子さんを持つお母さんからは、安倍政権が進める「戦争できる国づくり」への不安の声が出されました。
安倍政権の暴走スットプを実現するためにも日本共産党の躍進が必要、はたの昭彦を何としても再び区議会へと訴えました。

P4110202_R.jpg




公共工事労務単価引き上げ 緊急申入れ

(2015-02-02)


働く人の待遇を改善し、若年者が希望の持てる魅力ある建設業界へ
国が公共工事の労務単価引き上げを4月から2ヶ月前倒しして2月から適用する方向を示した中、日本共産党区議団は30日に「足立区も早急に対応を、遡及実施と必要なら補正予算を」と緊急申入れを行いました。区(総務部長)も「速やかに実施したい」と前向きの対応でした。
 建設業界の人手不足は引き続き深刻で、区発注の工事でも入札不調が繰り返され、このままでは工事の遅れによる住民への影響も懸念されます。
 解決には建設現場で働く人の待遇を改善し、若年者が希望の持てる魅力ある建設業界にすることが必要です。
 人手不足を解消し円滑な工事の実施を保つため力をつくします。


地下調整池を視察しました

(2014-11-14)
13日、災害・オウム調査特別委員会で神田川・環状7号線地下調節池を視察しました。
この施設は神田川中流域の水害対策として、環状7号線の道路下の約40mに延長4.5Km、内径12.5mのトンネルを建設し、神田川、善福寺川及び妙正寺川の洪水約54万㎥を貯留するものです。
この施設が完成する前の平成5年8月27日の台風11号(総降雨量288mm)の時には3,117戸が浸水被害を受けましたが、完成後の平成16年10月9日の台風22号(総降雨量284mm)では浸水被害は46戸に激減したそうです。
CIMG7947_R.jpg
善福寺取水施設から地下に入りました。建物の壁の円は地下トンネルの大きさと同じです。

CIMG7942_R.jpgCIMG7946_R.jpg
施設の構造を表す立体模型、実際に水が流れます。操作機器。

CIMG7948_R.jpgCIMG7958_R.jpg
取水口から水が落下する立坑と調節池を結ぶトンネル。

CIMG7962_R.jpg
地下深くにこのような巨大施設があることに驚愕しました。









行政視察2日目

(2014-10-29)
CIMG7577_R.jpg

視察2日目は、愛媛県今治市で行っている今治自然塾の取り組みを学びました。
平成23年4月17日にオープンした今治自然塾は、平成23年3月31日にオープンしたしまなみアースランド内にあり、深刻化する環境問題への理解を深めると同時に自分の暮らしを見つめ直し、環境問題に取り組むことを目指して、環境教育プログラムを行っていて、市内の小学校5年生の必須になっています。
 環境問題に取り組むにあたり、「~しない」という強制的な取り組みには限界があります。今治自然塾では、“自分で気が付くこと”を大切に考えています。
 インストラクターの熱のこもった素晴らしい取り組みに感動しました。
元々、都市開発の一環とした総合運動公園の整備を目的に土地を購入、造成しましたがオオタカの営巣地が見つかり計画を変更、市民と一緒に考えこのような自然公園の整備をしたと聞き、また感動しました。

CIMG7562_R.jpgCIMG7563_R.jpg
「地球の石」地球の構造を表しています     「地球の道」460億年の地球の歴史を460mの道で表しています

CIMG7557_R.jpgCIMG7571_R.jpg
自然の中の教室、ここで説明をします            ここに運動施設がつくられる予定でした  

今治自然塾宣言
 地球は、太陽からの距離、大きさや質量、温度条件に恵まれ、水が液体として存在できる奇跡の惑星です。その地球が誕生してから46億年という長い歴史によって築かれた環境が、人間の登場によってほんのわずかな時間の間に変わり、脅かされています。今治自然塾では、森の大切さを学び、五感で感じ、地球の歴史を学ぶことで、子孫から借りている地球の環境を破壊することなく子孫に返すための一歩を踏み出します。
 今治市民は、市民一人一人が環境教育プログラムで得た知識や体験を元に、地球環境に配慮したあたりまえの暮らしを求めます。
 そして、産業、エネルギー、生活、教育などのあらゆる場面で地球をよりよい環境にして子孫に返すための取り組みを行い、奇跡の星である青い地球を取り戻すことを宣言し、今治自然塾から世界に向けて賛同を求めます。

                                                      平成23年4月17日  今治自然塾



CIMG7581_R.jpgCIMG7586_R.jpg
移動までに時間があったので今治城を見学しました       天守閣からは本四架橋尾道ルートが見えます







リンク
プロフィール

はたの昭彦

Author:はたの昭彦
足立区議会議員 会派日本共産党 区議団幹事長 建設委員会委員 交通網・都市基盤整備調査特別委員会副委員長 足立区国保運営協議会委員 足立生涯学習公社評議員 地下鉄8号線促進議員連盟副会長
足立区生まれ、54歳。足立区大谷田5丁目在住
活動地域 足立区大谷田、谷中、佐野、辰沼、神明、神明南、加平、北加平、東和、中川、東綾瀬、綾瀬6.7丁目
家族 妻+猫5匹(まる、ニコ、そら、ルカ、とら)

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR