足立区東和地域唯一の銭湯「富士の湯」再開

(2012-07-18)
富士の湯

休業していた東和地域唯一の銭湯である「富士の湯」が新しい経営者の元で再開しました。
 突然の閉鎖に近隣の住民から「何とかならないか」との声が寄せられていました、
 3月の予算特別委員会でこの問題を取り上げ、4月に再開する見込みと回答を受けていました。 内装工事の関係で再開は当初見込みより遅れましたが、6月29日に再開しました。
「内装もきれいになりました。ぜひ多くの方に来ていただきたい」と新オーナーの言葉です。
 富士の湯の再開に住民からは喜びの声が届いています。
 
「ゆ~ゆ~湯」入浴証が利用できます。 
 足立区では区内在住で70歳以上の方を対象に指定の週(月曜日~金曜日)に、週1回(月3回、年36回)区と契約している公衆浴場を1回100円で利用できる「ゆ~ゆ~湯」入浴証が送付されています。「ゆ~ゆ~湯」入浴証には、利用可能日のシールが貼られていますので、そのまま公衆浴場に持参して提示すれば利用できます。
 共産党足立区議団は高齢者の健康維持や引きこもり予防にも役立ち、浴場支援にもなるとして、予算特別委員会で「ゆ~ゆ~湯」入浴証の拡充を求めました。
スポンサーサイト


捨てられる命と救われる命

(2012-06-18)

2012_06_17 003 
 
 綾瀬駅前にの綾瀬駅前公園、通称ハト公園で毎週日曜日(雨天中止)の午後3時から6時に猫の譲渡会がおこなわれています。我が家の猫もこちらから譲っていただきました。そんな関係で時々顔を出させていただいています。
 今の時期は子猫が生まれる時期なのでたくさんの子猫が新しい家族を探しています。
 ほとんどが捨てられたり、飼い主のいない猫が産んだ子です。足立区では飼い主のいない猫を減らそうと去勢、避妊手術代の助成制度や地域猫活動のモデル実施をおこなうなどの支援もおこなっています。
 ペットショップでも猫は売られていますが、そういう猫を買う前に飼い主のいない子達の里親になることも選択肢に入れて欲しいものです。

2012_06_17 002
あまりのかわいさにつれて帰りたくなりました。

今日行くと開口一番、『捨てられちゃいました』と声がかかりました。
聞くと、譲渡会の準備をしている最中に公園に4匹ダンボール箱に入れて捨てていかれたそうです。
公園内の交番に届けたところ『それだけココでやっていることが知れ渡ってきた証拠だね』と言われたそうです。会を主催している方たちも仲間内から譲渡会をしていると捨てられるよと言われていたそうです。

2012_06_17 001 
 この子達が今日捨てられていた子です。重なって3匹に見えますが4匹います。幸運にもこの子達は命をつなぐことが出来ました(捨てていった人はそれが目的だったでしょうが)が、捨てられた子猫の多くはカラスについばまれたり、行政に持ち込まれ殺処分など残酷な結果になります。不幸な猫を増やさないためにも去勢、避妊は飼い主の責務です。
 

今回この子達を捨てた人に言いたい『命を何だと思っているのか』と。 




出かけませんか

(2011-06-01)

 
私の活動地域内にある、綾瀬6丁目東綾瀬公園内の池のカルガモに雛が生まれかわいい姿を見せています。
それを目当てにいらしている方も大勢いらっしゃています。
このところ季節外れの陽気が続いていますが、天気のいい日に出かけてみませんか。

CIMG1675.jpg

カルガモ以外にも面白い場面に出会えるかも。


無残

(2011-04-21)


CIMG1350.jpg

環状7号線、大谷田陸橋側道の街路樹が100メートルにわたって無残にも伐採されていました。
写真は内回りですが、外回りではすでに根元からなく、側道の工事が始まっていましたので、そのためと思われます。
切り口の年輪からは樹齢が30年以上のものばかりで、あまりの光景に言葉が出ませんでした。

2007年に和解した、東京大気汚染裁判(私が勤務していた足立健康友の会は大気裁判原告の支援団体として一緒に裁判を闘いました)の和解条例による国・東京都・原告側で構成する継続的協議では、都内の大気汚染の激しい幹線道路への街路樹の植樹が約束されていて、大谷田陸橋付近もその一つであり、街路樹を増やすべき道路であり、減らすなどとんでもありません。

30年にもなる樹木を簡単に伐採してしまうやり方に、大きな怒りを感じます。大気汚染対策にはより大きい樹木の方が効果があります。工事のためというなら、一時的に移植、保管して樹齢の高い樹木を残すべきでだったのではないでしょうか。



区長候補に吉田万三さん

(2011-04-16)
manzo_t220.jpg
元足立区長の吉田万三さんが区長選への立候補の決意をし、昨日記者会見を行いました。
今日の午後訪問活動をしていましたが、行く先々で万三さんだってねと言われました。
みなさん待ってたように話が広がっています。

吉田万三さんは記者会見で私の足立区長選立候補へ背中を押しだのは、今回の3月11日に起きた東日本大震災で
した。
 私はこの足立から「脱原発」で様々な垣根をこえた大きな共同の流れをつくり出し、その先頭に立ちます。と挨拶しました。

吉田万三さんとは三年間同じグループ法人で仕事をし、一緒に医療・介護の充実を進める運動もしてきました。
とてもおおらかでパワフル、とても魅力的な人です。
 
ぜひ吉田区長の誕生を実現しましょう。


リンク
プロフィール

はたの昭彦

Author:はたの昭彦
足立区議会議員 会派日本共産党 建設委員会委員 エリアデザイン調査特別委員会委員長 国保運営協議会委員 足立生涯学習公社評議員 地下鉄8号線促進議員連盟副会長
足立区生まれ、53歳。足立区大谷田5丁目在住
活動地域 足立区大谷田、谷中、佐野、辰沼、神明、神明南、加平、北加平、東和、中川、東綾瀬、綾瀬6.7丁目
家族 妻+猫5匹(まる、ニコ、そら、ルカ、とら)

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR